週休五日制の旅行族

たまの出社にサボテンを育てる

2017.09初めての一筆書き切符で旅行3日目[午前の部]

この記事は前回の続きです

 

本日のルート

f:id:siratuyu200345:20171214185559p:plain

・ルート

甲府→(身延線)→富士→(東海道本線)→金山

 

本日の醍醐味は、

  • 富士宮駅での途中下車
  • 夜ご飯を食べるためさわやかに寄り道

です。

 

それでは出発です。

 

 

 

国母駅:0800頃発

f:id:siratuyu200345:20170915091450j:plain

ホテルの関係で、国母駅からスタート。

 

一度甲府観光のために甲府駅に向かいます。

ここは重複してしまうため切符を別途購入です。

 

甲府駅:0810頃着

舞鶴城へ

 

f:id:siratuyu200345:20170915101231j:plain

こちらは舞鶴城跡からの景色です。甲府駅まえすぐに立地しており、鉄道利用による観光者にとってとてもいい条件です。

ここの天守閣跡から運が良ければ富士山が見えます。アンテナが良い感じに邪魔になってしまっていますが、これはしょうがないですね。

 

ところで甲府にあるから甲府城だと適当に考えていたら、舞鶴城というなまえだったんですね。

 

 

甲府駅:0900頃発

f:id:siratuyu200345:20170915093550j:plain

ここから先は見慣れたオレンジ色の電車。JR東海の車両で身延線を下り東海道線まで行きます。

波高島駅:1300頃途中下車

f:id:siratuyu200345:20170915123222j:plain

波高島駅近くの川にてお昼。

こちらの波高島駅、周りになにもないので行く方は要注意です。

コンビニはこの橋の向こう側にしかありません。駅前に自動販売機はあります。

f:id:siratuyu200345:20170915123957j:plain

お昼ごはんは甲府で購入した駅弁。

天気の良い外で食べるお弁当は美味しいです。

 

波高島駅:1400頃発

f:id:siratuyu200345:20170915135630j:plain

 なんだか保線工事をしているみたいです。

 

それでは3日目午後へ続く。

2017.09初めての一筆書き切符で旅行2日目[午後の部]

こちらの記事は前回の続きです。

 

上田駅:1336着 -> 1357発

新幹線で上田駅へ到着いたしました。

しなの鉄道へ乗車します。

f:id:siratuyu200345:20170914135122j:plain

おっと?

一筆書き切符なのにどうして私鉄通ってるんだ?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、切符上は(北陸新幹線佐久平駅小海線)と言うかたちで繋いでおります。

 

その為しなの鉄道の料金、小海線の一部区間の運賃は別途支払っての乗車です。

 

何故そのようにルートを変更したのかといいますと、小海線を端から乗車したいと思ったためであります。

 

 

 

 

小諸駅:1418着 -> 1451発

小諸駅にて乗り換えです。ココから小海線へ入ります。

f:id:siratuyu200345:20170914145300j:plain

 

 

 

 

 

 

野辺山駅:1653着

f:id:siratuyu200345:20170914165710j:plain

JR最高地点駅野辺山に到着。

標高が高いだけあってさすがの気温の高い日にも関わらず涼しいです。

 

こちらで重要となりますのが最高地点ではなく最高地点駅であることが重要です。

つまり本当の最高地点は別のところにあるということです。

 

本当の最高地点は駅と駅のちょうど間にあり、どちらの駅からでも徒歩で行くには不便な場所にあります。

しかし、野辺山駅前にあレンタサイクルのお店は列車到着と同時に終了。

 

悲しいことに徒歩以外の選択肢がなくなりました。

 

 

JR最高地点へ

f:id:siratuyu200345:20170914172758j:plain

野辺山駅からJR最高地点まではおおよそ徒歩30分

 

こちらが途中の景色。線路沿いに真っ直ぐな道路がまっすぐ伸びております。

しかし、車は通れど列車は通る気配もありません。

 

 

 

 

f:id:siratuyu200345:20170914173430j:plain

こちらの白くてでかいパラボラアンテナのようなものは国立天文台です。

先程も申しましたとおり、野辺山は標高の高いところにあります。

その為、宇宙からの電波をキャッチするアンテナを設置するのに優れている場所であるわけです。

 

 

 

f:id:siratuyu200345:20170914173608j:plain

のどかに軽トラが走り背景にはゴツゴツした山々が連なっております。

多分山の名前は左側が男山、右側が天狗山だと思うのですが、間違っていたらすみません。

 

 

 

f:id:siratuyu200345:20170914173054j:plain

農薬を散布しているトラクターも発見。のどかな風景が広がります。

野辺山ではそばや長芋が有名です。この畑もどちらかなのでしょうか。

 

 

 

f:id:siratuyu200345:20170914175037j:plain

標高が高いせいなのかコスモスが咲いておりました。

まだつぼみの物も多いですが...

 

 

 

JR最高地点へ到着

f:id:siratuyu200345:20170914175857j:plain

こちらがJR最高地点の碑石でございます。

 

近くにはJR最高地点神社というのもございます。

なんと時間も時間で夕暮れとなってきました。そして次の列車の時間が迫っているので、小走りで駅へ向かうことへ。

 

 

 

野辺山駅:1826発

f:id:siratuyu200345:20170914170100j:plain

 この野辺山の看板も昔は国鉄表記だったのでしょうか

 

 

小淵沢駅:1727着 -> 1734発

f:id:siratuyu200345:20170914191103j:plain

小淵沢駅に到着です。こちらに駅にて小海線は終了。

此処から先は中央東線での移動となります。

 

 

f:id:siratuyu200345:20170914194108j:plain

八ヶ岳で有名なのは牛乳!

 

小淵沢駅に隣接するお土産屋さんにて牛乳を販売しておりました。

駅に休憩スペースがありましたので、そこで飲んでみることにしました。

やはり瓶の牛乳っていうのは良いものですね。

 

 

 

 

甲府駅:1819着

f:id:siratuyu200345:20170914203050j:plain

中央線を東に向かい、甲府駅に到着。

 

東日本らしい特急列車がビュンビュン発着しており、JR東海民としては見慣れていない特急列車の発着に気持ちがそわそわします。

 

本日の移動はここまで。

 

 

夜ご飯はほうとう

f:id:siratuyu200345:20170914210043j:plain

甲府といえばほうとうが有名です。

 

こちらの店舗は甲州ほうとう小作 甲府駅前店です

 

列車旅している人にも優しい駅前すぐでございます。

ほうとうにも様々ございまして、私は鴨肉ほうとうに致しました。

 

他のメニューとしまして熊肉ほうとうなんて変わったものもございました。

 

 

 

3日目に続く

2017.09初めての一筆書き切符で旅行1日目[午後の部]

この記事は1日目午後の部です。前回の続きです。ご注意ください。

高山駅:1310着

f:id:siratuyu200345:20170913155105j:plain

前回高山駅に来たときには仮駅舎のプレハブ小屋だったのですが、立派な駅舎が完成していました。

 

しかし、周囲のロータリーなどはまだ工事中みたいです。高山らしい木を用いたデザインがいいですね。

 

高山といえば飛騨牛ラーメン!ということで食べていきましょう

 

 

 

 

飛騨牛の握り

f:id:siratuyu200345:20170913143406j:plain

前回、高山で食べられなかった飛騨牛の握りを実食。

お店の名前は飛騨 こって牛

2貫600円とまぁ少々お値段は高いですが、お手頃に飛騨牛を楽しめるのでおすすめです。

 

 

 

f:id:siratuyu200345:20170913135728j:plain

 こちらは高山ラーメン

お店の名前は鍛治橋

お味は普通に美味しかったのですが、記事を書くためにグーグルマップで調べてみたら素晴らしく酷評されていました。私が食べた感想としては普通に美味しかったのですが、フードコートの味やらなんやら書かれていました。

 

 

さて、お腹も満たしたことなので富山に向かって行きましょう。

 

 

 

1609高山発

猪谷駅:1718着

f:id:siratuyu200345:20170913170444j:plain

猪谷駅。JR東海JR西日本の分岐点です。

古い駅舎にJR西日本らしい券売機。駅前には何もなく高山線を鈍行で行けば必ず降りることになる駅です。大抵の場合接続の列車がいますので、数十分ほどの乗り換え時間です。

 

f:id:siratuyu200345:20170913171518j:plain

しかし、駅前には何もないししろ、昔使用されていたであろう線路等すべてそのままになっております。いつしか猪谷駅周辺を探索してみても面白いかもしれません。

また猪谷駅は標高が高い影響もあり、空気が澄んでおり夏でもちょっと涼しさを感じます。

本当は何かゆっくりしたいのですが、駅付近にあまりになにもないのでいつも乗り換え時間に少し駅前に出て散歩して次の列車に乗るって感じです。

 

 

 

 

猪谷駅:1718発

富山駅:1818着

f:id:siratuyu200345:20170913222219j:plain

富山駅に到着。猪谷駅からピッタリ1時間です。

長野新幹線が延伸されて北陸新幹線となった際に駅舎も2015年にリニューアル。

立派できれいな駅舎になりました。ターミナル駅の中に路面電車が乗り入れている駅も少ないのではないでしょうか。

 

到着してすぐホテルにチェックインをし、ご飯を食べに行くことに

 

 

 

今晩の食事

f:id:siratuyu200345:20170913191434j:plain

晩御飯は富山駅に隣接しているとやマルシェ内にある白えび亭にて食事。

お値段驚く2480円!

予算上1日の食費が3000円計算なのに1食で2480円です。

食べずに後悔より食って後悔です。旅の理念の一つです。

 

 

 

富山環水公園のスターバックス

f:id:siratuyu200345:20170913212426j:plain

コンセプトストアの1つである環水公園内にあるスターバックス

公園の中にスターバックスがあるのはなかなか珍しいです。

きれいなスターバックスランキングなどの記事でも必ずと行っていいほど挙げられる店舗です。

 

 

 

 

f:id:siratuyu200345:20170913215216j:plain

このように公園内はライトアップがされており、夜中でもきれいです。

またこちらの公園、駅からも歩いていくことができますので、ぜひ訪れてみてください。

 

 

f:id:siratuyu200345:20170913201044j:plain

 

 

 

 

2日目に続く。